読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメネットコム

アニメやゲームの最新から懐かしいまで幅広く紹介していきます「自由」がモットーです!!

亜人第26話「僕も約束しますよ、佐藤さん」【感想】

アニメ関連 アニメ感想

スポンサーリンク

前回の放送で亜人が最終回を迎えました~

 

一応話数は第26話になっているのですが、2クールという訳ではなく、

1期から話数を引き継いだ2期でした。

 

一体永井圭と佐藤さんの決着はどうなったのか?

人間と亜人の関係はどうなっていったのか?今回で明らかになりました。

 

それではいきましょう~

※亜人を知らない方にも、少しでも伝わればと思い簡単にあらすじなど入れております

亜人とは?

17年前、アフリカ。

神の兵と呼ばれた不死身の兵士が、米軍によって捕獲された。

世界で初めて、亜人の存在が実証された瞬間だった。

その特徴は、不死。病死、事故死、どのような状況下で死亡しようとも

即座に身体を再生し、完璧な状態で復活する。

それはまさに人類の夢であり、その利用価値は無限に考えられた。

その後、亜人は世界で46体、日本では2体が確認された。

しかし、「死ななければ、分からない」亜人はその性質上、発見が難しく、

世界にはもっと多くの亜人がいると推測された。

 

高校生・永井圭は下校中トラックに追突され死亡。

しかし、直後に蘇生を果たす。

国内3人目の亜人であることが判明した永井圭は、警察及び亜人管理委員会、さらには、賞金を狙うすべての人間から追われる身となる。

山奥へと逃げ込んだ永井圭は、幼なじみの少年・海斗の力を借り、緊急配備が敷かれた警察の包囲網を突破。さらなる逃走を図る。

亜人あらすじ

 

同刻、日本国の管理下にあった2例目の亜人・田中帽子と呼ばれる男の助けにより脱走。

この者らは直ちに人類へのテロ活動を開始した。

亜人管理委員会の責任者・戸崎は、

永井圭の捕獲と、亜人らが起こしたテロ行為の鎮圧に奔走する。

そして手掛かりとなる、永井圭の妹・永井慧理子に目を付ける。

だがそこにはすでに人類への復習を誓う別の亜人IBMと呼ばれる謎の黒い物体が侵入していた....。

 

スタッフ・キャスト情報....

原作:原作:桜井画門(講談社『good! アフタヌーン』連載)

監督:瀬下寛之

制作:ポリゴン・ピクチュアズ 

声優:宮野真守、細谷佳正、福山潤、大塚芳忠、平川大輔、櫻井孝宏、小松未可子、木下浩之、鈴村健一、森川智之、坂本真綾、洲崎綾、斉藤壮馬 

 

※ここからネタバレです

前回のお話

第25話「でもまあ、面白そうだからいいけどね」

佐藤が放ったミサイルは、首相官邸付近に着弾した。

佐藤には日本政府と交渉する気など最初からなかった。
そのことに気づいた奥山たちは佐藤から離れ、戸崎に連絡を取り、

佐藤を裏切り戸崎達と手を組むことにする。


自衛隊駐屯地に潜入した米軍は、

佐藤のトラップにかかりながらも、神経ガスを積んだミサイルの撤去に取りかかる。
続いて、探索班が地下の配管施設で佐藤の逃走経路捜索に入る。
彼らはそのまま佐藤追跡に移ろうとするが、ペンタゴンからの指令により断念する。
米軍のさらなる計画を知ったコウマ陸佐は激怒するが、日本政府に拒否権はなかった。

 

しかし亜人の中でも佐藤についていける者はほとんどいなくなり田中だけが残った。

そしてついに地下で永井たちと佐藤たちの最終決戦が始まった!!

亜人第25話

佐藤たちを生き埋めにする永井たちの作戦はなんとか成功するのだが、、、

 

佐藤「考えたなぁ、、でも、勝ったと思った瞬間人は足をすくわれるんだぁぁ」

佐藤は永井たちをも巻き添いにし地下を崩落させる。

そして煙の中から現れた佐藤は一言

佐藤「ゲームスタートだ」

亜人第25話

 END

 

最終話

第26話「僕も約束しますよ、佐藤さん」

前回の永井たちの作戦は失敗に終わり、佐藤の反撃がはじまる....

最初にターゲットになったのは下村泉と戸崎。

下村泉は自分のIBM(クロちゃん)を使い応戦するが、、

佐藤のIBMにはやはり敵わない。

 

佐藤「まずは君達からだ、私の邪魔をした事を死ぬほど後悔させてやる」

その時、平沢の部下の真鍋が足止めに入る。

亜人第26話真鍋

あまりにも真鍋のしぶとさに佐藤は「君は人間だろう?」

真鍋「亡霊だよ。武蔵重工で死んだはずなんでな」

平沢さんを思っての発言だったのだろうか?

このあと佐藤を巻き込み自決した....

 

真鍋の大活躍により一瞬だが逃げ切った下村と戸崎

そこで戸崎はある事を口にする。

銀行の貸金庫に下村泉が亜人であるという証拠を隠していたらしく、

戸崎は自分がもう逃げきれないと思い「契約は破棄だ」と下村に告げた。

亜人第26話下村、戸崎

下村「私は自由って事ですか?」

戸崎「あぁ、好きに生きろ」

下村「じゃあ戸崎さんを守るのも自由って事ですよね」

戸崎「何をバカな事を」

下村「もう指示は受けませんよ、契約は破棄されましたから」

下村「戸崎さん、新しい人生をありがとう」

 

はじめて泉ちゃんが戸崎に言い返すシーンだったので、

これからのどうゆう風な関係になるか少し見たくなりました''`ィ(´∀`∩

 

そしてゆっくりと歩きながら佐藤は現れた....

佐藤「二人目は君か」

IBMを使いすぎてクロちゃんが出せない下村はすぐにやられてしまう。

戸崎も最後の力を振り絞り佐藤に反撃しようとするが、すぐにやられてしまう。

すぐさま佐藤は下村にとどめをさそうとしたその瞬間....

 

「永井です」永井のIBMが現れた。

そこにゆっくりと現れた永井圭たち....

亜人第26話永井

「あんたのゲームはもう終わりですよ、佐藤さん」

形勢逆転かと思われたその時、、、

 

もう一体のIBMが現れた。佐藤「遅かったじゃないかぁ」

そこに田中のIBMが現れた。

永井、中野、下村vs佐藤、田中の最終決戦が始まった!!

 

中野、下村はクロちゃんを出せるようになり田中とのバトルに、、

この二人は過去に病院で少し戦っており田中にとっては因縁の相手でもあった。

IBM同士の戦いは田中のIBMの方が上手だった。

クロちゃんをやられた下村が田中にとどめをさされそうになったその時、、

 

ついに今まで亜人でありながらIBMが出せなかった中野のIBMが出現した!!

中野IBM

中野「泉さんをはなせぇ....」

田中「なんだよ....てめもかよ....」

そのすきに下村が田中に麻酔薬を撃ち二人は勝利した!!

 

そして永井vs佐藤の戦いが始まった、、

永井はIBMをこの戦いだけでかなり出しており、

ついに佐藤に追いつめられ、さすがの永井でもIBMが出せなくなる。

佐藤「君はもう君でなくなる」

永井「僕も約束しますよ佐藤さん、あんたがどこに行こうが必ず探し出してコロします」

佐藤「あぁ、、お別れだ永井君」

佐藤にとどめをさされそうになったその時、、、

佐藤の左腕が吹っ飛んだ。

永井圭フラッド現象

複数の永井のIBMが現れた。

永井にフラッド現象が起きたのだ。

 

※これは中村慎也事件と同じ現象です

亜人OVAVol.1【中村慎也事件】まとめ - アニメネットコム

 

すぐさまに佐藤をフルボッコにした永井のIBMの勝利だった

生き返った佐藤、そのタイミングで米軍が佐藤をハチの巣にして

佐藤と田中を捕獲し永井たちの戦いは終わった....

 

それから少し時間がたった頃、

亜人の保護法案の改正によりついに亜人の市民権が認められた。

亜人第26話

永井は自分が事故に遭い始めて亜人として生き返った場所を眺めていた。

この時周りには女子高生などもいたが

特に通報されることもなく平和な世に戻ったようだ。

 

そして話は佐藤たちに戻る....

佐藤と田中は米軍に捕獲され航空機で運ばれていた時、

佐藤は夢をみていた、自分が米軍の部隊にまだいた頃の、

そして初めてかは分からないが亜人が発見された時、仲間に佐藤はこう話している。

「いやぁまるでゲームだねぇ、あんな体があったら最高に楽しいだろうなぁ」と。

 

そこで目が覚めた佐藤

たなべくん?

佐藤「いやぁ、なんか久しぶりに夢見ちゃったよ」

田中「よくのんきに寝れますねぇ、これから何されるか分からないってのに」

佐藤「なぁにを言ってるんだ君は、

これから2周目を始めるに決まってるじゃないかぁ

田中「はぁ?そんなのどうやって?」

佐藤「作戦は奇を以って良しとすべしさ、たなべくん」

 

この数秒後

この航空機は爆発した....

 

END

 

まとめ

いやぁ面白かった。

観るだけでも十分にいいのですが、普段私はあまり感想をかかないですが

やはり感想を書くことでまた新たな発見やそのアニメの作品に

よって色んな見方ができるので面白かったです。

たまには感想を書かないとなぁと思いつつやはり2017アニメ優先なので

感想は気楽にやります。

 

とにかく亜人の今まで出てきた名言?格言?がほんとによく聞こえてきた最終回でした

バトルシーンもよくあり個人的にも嬉しかったです。

中野が亜人出したときとか亜人だから本来当たり前だけど「おぉ....」ってなりました

これが恋の力かとWW

亜人の原作第10巻の限定版にova第3弾「佐藤の激烈なる過去が明かされる」とのことなのでそれも楽しみですね~

 

フラッド現象とは?

今回永井圭がだしたフラッド現象は亜人をコロしてしまったときに

起こると戸崎は考えているみたいで亜人をコロさずに眠らせて捕獲しようと本編でも考えていた。

これもまたオグラ博士もフラッド現象が起こるのはごく稀なことだと言っています。

文中にも少し書きましたがやはり感情の変化で起きるという事が今のところ現状でしょうか。

実際に中村慎也の時も感情の起伏が原因でフラッド現象が起きたように見えましたし

亜人OVAVol.1【中村慎也事件】まとめ - アニメネットコム

 

続編(3期)はあるの!?

あるんじゃないんでしょうか。

まだはっきり確定とは言えませんが

最後の佐藤と田中の航空機が爆発しましたし、やはり何を言っても

「なぁにを言ってるんだ君は、これから2周目を始めるに決まってるじゃないかぁ」

この発言がもう決定的になりましたね~

原作ではもうなんか続いてそうなので、、、

ぜひ期待ですね!!

 

たなべくん!?

これ一番気になったのですが、最後の佐藤と田中の会話シーンで、

「作戦は奇を以って良しとすべしさ、たなべくん」と言っているのは何か意味があるのでしょうか?

いつもは田中の事を田中君と呼ぶのであれっ?ってなりました

私の考えすぎなのかなぁとか思いつつどなたか答えを知ってらっしゃる方

いましたらまた教えてください(^▽^)/

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございましたァィ(。・Д・)ゞ