アニメネットコム

基本的にアニメに 嫌いなジャンルはないです。 色々な作品紹介できたらと思います 主に新番組アニメ情報更新してます。 過去のアニメも稀に特集してます。 更新通知はTwitterフォローしてください。ご連絡はTwitterのDMでお願いします。

青の祓魔師京都不浄王篇第2話「呉越同舟」【感想】

どうもです。

もう第1話が放送され、1週間たったと思うと早くてびっくりしてます。

前回は京都に向かうシュラ一向で新幹線のシーンで終わりましたね。

その続きからどうなるのでしょうか。

www.animenetcom.com

それではいきましょう~

 

第2話「呉越同舟」(ごえつどうしゅう)

京都へ増援部隊として派遣された燐たち、

そしてようやく京都駅にたどり着いた燐たちが次に向かった先は、、

青の祓魔師京都不浄王篇第2話

道中のバスの空気はかなり重かった....

バスでは志摩金造(志摩の兄)が案内人に向かった先は

なんと勝呂の実家の旅館だった。

それは勝呂自身も知らなかったらしく勝呂母はすぐに出迎えてくれた。

青の祓魔師京都不浄王篇第2話

久しぶりの再会に....

勝呂母「あんた、、とうとう頭染めよったな!!将来ニワトリにでもなりたいんかい!」

勝呂「こっこれは気合や💦」

勝呂母「何が気合や許さへんで!」

志摩「髪絶対言われるおもた」プッ

そこでシュラは勝呂、志摩、子猫丸には実家も近いから挨拶してくればとの事。

残ったメンバーは先に医療チームのサポートにあたることに、、、

そこで燐だけはなぜか「ゴミでも拾っといて」と言われる始末に、、

 

そして勝呂たちはすぐに志摩の父親志摩八百造のもとに案内される。

青の祓魔師京都不浄王篇志摩八百造

やはりかなり弱っているみたいたいで、他のメンバーもかなりやられているとの事。

ここで次は志摩が父親に「お前はドタマピンクに染めただけやろ」と小突かれる

ここで勝呂は自分の父親の居所はどこかと八百造に聞き出すも、分からないらしく、

一緒いた勝呂母ですら携帯を持たないので分からないとの事。

勝呂は以前、候補生(エクスワイア)になる前に父親に反対され、反対を押し切って

候補生になっておりどうしてももう一度父親と話したいと思っているらしい。

 

対する燐はゴミでも拾っといてと言われ旅館の周りをうろついていると

知らないおじさんに何かを手伝ってくれと声をかけられ呼び止められる。

勝呂父親和尚

そこでおじさんは皆の為にスイカを斬ってやってくれと燐に。

なぜかあまり皆にはばれたくない様子。

クロは「このおじさんお酒臭い」と昼間からお酒を飲むなんて、、

燐は自分の父親を思い出しながらもスイカを斬る事に。

そしておじさんと色々喋っていると明らかになったことが、それはなんと

この喋っている生臭坊主が勝呂の父親らしい。

びっくりした燐は勝呂の方がかっこいいと思った。

どうやら二人とも勝呂と喧嘩しているらしい、、

そこで燐は「あいつ小難しいよなぁ、でもいいやつだからさ俺仲直りしてぇーんだ」

嬉しそうに勝呂の親父は姿を消した。

 

そして話は一昔前に....

青の祓魔師京都不浄王篇

勝呂の幼少期、勝呂は素直に父親の経を聞くのが好きだった。

そしてこの時代の寺はまだ正十字騎士団に所属してないようだ。

 

燐たちは出張所までお弁当など運んで欲しいと勝呂母に頼まれ持っていく事に、、

そこで全て終えた時にシュラから今日はもう休んでいいと、

青の祓魔師京都不浄王篇2

ジュースと弁当を持っていっていいとの事。その時

勝呂はシュラに父親を捜すために外出許可を申請するもシュラはそれを許さなかった。

燐は一緒にお弁当を食べようと!子猫丸に誘うもまた断られてしまう。

 

燐はため息をつきながら先程シュラに貰ったジュースを飲むと何故か酔っぱらった!?

完全にタイミングを逃した志摩は燐と距離を置きながらお弁当を食べる事に、、、

青の祓魔師京都不浄王篇

そこで燐と志摩は話している間に昔みたいに打ち解ける事ができた、

志摩は関わらん方がめんどくさいわと。

これで仲直りできたみたいだ。

 

勝呂は1人昔の事を思い出していた。

青の祓魔師京都不浄王篇第2話

そして話はまた一昔に戻る。

青い夜からどれくらいたったのだろうか、もう寺の者たちはもう和尚(勝呂父親)には

ついていけないと、家族を養ってはいけないと考え、寺を離れると言い出す寺の者たちに対して勝呂は必死に皆を説得するも止められない。

そこで明陀は大きな決断を下す。

正十字騎士団に所属する事を決めたようだ。これでエクソシストとして仕事をこなし

経済的にも楽になった。

そこで蟒(うわばみ)という者が現れる。

何やら今回の件は明陀の者が疑われているという。

勝呂は父親も無理やりにでも集めろと指示を出し酔っぱらっていた。

 

その燐や勝呂が酔った原因はシュラのお酒と弁当の時に間違えていたらしい。

青の祓魔師京都不浄王篇

 

そして話は左目奪還部隊に組み込まれた雪男側に、、

雪男たちは何やら魔障が濃いく反応する場所に向かい、車の中をみると、、、

人がしんでいた。

そこで雪男は「まさか」と、、

最後に藤堂の姿が、、、

不浄王の左目藤堂

なんと左目が、、(不浄王の左目?)

END

まとめ

今回はまとめるのが非常に難しかった回でした。

第2話は戦闘シーンや派手なシーンがなく割と新しい登場人物がばんばん出てきました

京都不浄王篇は名前の通り京都が舞台で、勝呂、志摩、子猫丸、

この3家系はキーマンになってくるのでこのおとなしい2話は案外重要な回でした。

最後に藤堂の左目が変わってましたがあれは多分不浄王の左目で間違いないと思います

最後に不浄王の目は両方揃わないと力を発揮しないとか、、、

サスケみたいだなww

何より志摩と燐が仲直りしたのも良かったですね(^▽^)/

多分来週から徐々に物語が進み始めるでしょう。

原作と比べて

今回も大体一緒だったです。

短い時間でキャラが多く登場できるようにうまくシーンを使っていて感心しました。

しかしこのシーンは入れてほしかった。

しえみが泣きながら自分の不安を出雲に言うシーンもカットされていたので

そこは個人的に結構大事なのになぁと思いながら見てました。

(3話でこのシーン入れてくれてました)

ていうかこの2話まともにしえみが喋ってない。

これは制作側に何か考えがあるのかなぁ?とか思い、どこかで一気にしえみ回を持ってくるとか....そんな事を考えながらこれからの展開も楽しみに待ってます♪