アニメネットコム

基本的にアニメに 嫌いなジャンルはないです。 色々な作品紹介できたらと思います 主に新番組アニメ情報更新してます。 過去のアニメも稀に特集してます。 更新通知はTwitterフォローしてください。ご連絡はTwitterのDMでお願いします。

青の祓魔師京都不浄王篇第4話「背信棄義」【感想】燐キレる💢

スポンサーリンク

どうもです。

青の祓魔師京都不浄王篇の記事書くときになんかあんまり深く考えずに

いたんですが、2期になってから毎回タイトルが四字熟語なんですよね~

1話「嚆矢濫觴」2話「呉越同舟」3話「疑心暗鬼」と、、、

そして今回第4話が「背信棄義」…

もう1話とか読めないです。すいません。お馬鹿ちゃんなものでw

まぁ内容に沿って決めてると思うのですが

これからは自分の為に冒頭で四字熟語のコーナやりますww

 

今日の四字熟語は…「背信棄義」はいしんきぎ

信用と道義を守らないこと。信頼に背き、道義を捨て去ること。

「背信」は信頼を裏切ること。「背」はそむく意。

「棄義」は義を捨てる。人として行うべき道理を捨て去ること。

 

(・_・D フムフム…深い

って何やってるんだ私はww

それではいきましょう~

 

青の祓魔師 京都不浄王篇第1話「嚆矢濫觴」【感想】 - アニメネットコム

青の祓魔師京都不浄王篇第2話「呉越同舟」【感想】 - アニメネットコム

www.animenetcom.com

 

第4話「背信棄義」

勝呂の嫌な予感

勝呂と志摩柔造

明陀宗を裏切っている者は誰なのか。

頭首不在のまま紛糾した総会は、結論が出ないまま中断された。

父のもとを訪ねすべてを問い質そうと決意した勝呂は、

人目を避けるように京都出張所深部へと向かう志摩柔造の姿を目撃する

不審に思った勝呂は後を追うことにするが……

そこで勝呂は驚きの光景を目にする。

なんと深部を守っていた警備の者たちが皆倒れているではないか。

その先に進む志摩柔造の姿をさらに追う。

燐、修行の成果現る

燐炎のコントロール成功

京都にきてからはシュラとともに炎のコントロール修行をしていた燐。

ロウソクにポっと火を灯す感覚がようやくつかめたようだ。

(燐は自分の炎をコントロール出来ずに次暴走すると祓魔対象となり処刑される)

クロとシュラは驚いた様子だったが、

まだようやくスタートラインにたてた所らしい。

これからも修行の日々は続く....

裏切り者の正体は!?

先日の総会で「裏切り者を炙り出す」というまままだ裏切り者の正体は謎のままだった

和尚(勝呂父)が一番に疑われている中、勝呂は志摩柔造が裏切り者の正体なのかと思い出す中、そこにいた人物は以外な者だった…

志摩柔造

蝮だった

蝮は「ほんまの裏切りもんは和尚(勝呂父)とメフィストフェレスだ」と言う

いきなりの答えに戸惑う志摩柔造。

理由は8年前、蝮がまだ候補生時代の頃藤堂から色々聞かされたという。

蝮自身も以前の総会で疑われており、「上はもう信用できひん」と言っていた。

そこで蝮は右目の封印解きだした。

蝮裏切る

しかし、これは上の「裏切り者を炙り出す」ための罠だった。

蟒からすれば自分の娘が、、、という感情で頭を悩ませ混乱していたが、

仕方なくそれを受け入れた。そこには和尚(勝呂父)の姿もあった。

そして思ったより早く動き出したなと、取り押さえろと指示をだしたのだった。

藤堂と共に姿を去る蝮

とその時同時に地鳴りが始まり、深部に侵入者の知らせが入った。

燐とシュラも地鳴りに何かあったと悟り向かうことに。

侵入者の正体!?

深部の天井が崩壊し始め、姿を現したのはなんと藤堂の姿だった。

志摩柔造は蝮に「藤堂に騙されとるんや」というが蝮は聞く耳をもたず右目を奪って

藤堂と共に姿を消した....

燐キレる💢

結果裏切り者の正体は蝮だった。

右目を奪われた深部のメンバーは急いで体制をたてなおす様子。

そこには和尚(勝呂父)の姿も…

久しぶりに再会した勝呂と和尚。

勝呂と和尚

今までの怒りが爆発する勝呂は身の潔白を今ここで皆の前で証明しろというが

和尚(勝呂父)はそれに対して「息子のお前でもそれは秘密や」と答える。

呆れた勝呂はもうお前なんか父親でもなんでもないと言う、

その時燐たちも合流していた。

燐は自分の本当の父親ではないが父同様の存在がいてサタンによって殺されていた。

殺される前燐は父同様に世話してくれていた藤本獅朗と喧嘩別れしていたのを凄く後悔していた。

それに対して今勝呂が父親にとっている態度に怒りを感じた。

後悔するぞ、俺みたいになるなと。

燐と勝呂

ぶつかり合う二人。

周りは燐の青い炎に驚く。

明陀の過去は青い炎サタンに壊滅させられている過去がある。

だがヒートアップした燐はもう止まらない。

そこで志摩柔造が割って勝呂を助ける。

サタンの子がこの子だと知って焦った。自分の弟の友達だと....

その時シュラが詠唱をはじめ、燐は気を失った。

志摩八百造は「これは一体どういう事か事情を話してもうら」と

焦るシュラ…

シュラ

ピンチは続く

END

感想まとめ

今回は勝呂回でしたね~

まさに「背信棄義」でしたww

すいません、覚えたては使いたくなるもんでw

まぁ蝮が藤堂と共に姿を消し明陀を裏切りこれからどうなっていくのか?

そして藤堂は遂に不浄王の両目をゲットし何をしでかすのか?

結局燐と勝呂は喧嘩したまま終わり、和尚(勝呂父)との関係も解消せず

まだまだ先が長そうな展開ではありますが、楽しみに待ちましょう(^▽^)/

来週の四字熟語なんだろう?w

 

それでは今回はここまで♪