アニメネットコム

その辺にいるただのアニメ大好き人間です。 メシよりアニメの方が好きなタイプのやつです。生き方をアニメや漫画に教えてもらったどこにでもいる奴です。 全てアニメに関わる記事書いてます。 更新通知、ご連絡などTwitterをフォローしてください。 ※最近多いので一応。当サイトの記事を丸パクリ・転載は禁止です。 よろしくお願い致します。

結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章- キャラクター ストーリーあらすじ まとめ

スポンサーリンク

どうもです。

今回は待ちに待った『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』

劇場公開記念という事で、色々まとめてみました。

もうこの作品は私もかなり好きだった作品の1つで、

感動と共に凄い考えさせられる作品の印象もありました。

この作品は本当にスタッフ強しですww

特にキャストさんの気持ち、熱量が凄いビシビシ感じました。

 

TVアニメの「結城友奈は勇者である」からもう2,3年前かな?

まず「鷲尾須美は勇者である」が映像化されないと思っていましたし、

映像化されると聞いた時は、とても嬉しかったです、

更に…

2017秋アニメとして10月から2期決定も決まりました~(^▽^)/

 

今作、鷲尾須美の章の物語の時系列は『結城友奈は勇者である』の2年前、

神世紀298年の世界を描いたイラストノベル『鷲尾須美は勇者である』を

ベースに、岸誠二、上江洲誠、タカヒロ、BUNBUN、スタジオ五組を

はじめとするメインスタッフが再集結して贈る完全新作。

先代の勇者たちに託された使命と勇気とそして秘密の物語を

放送に先駆けてこの春、先行上映。

 

 

結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-

結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-

TVアニメ「結城友奈は勇者である」とは!?

そもそも「結城友奈は勇者である」シリーズはどうなっているのか?

説明していきます。

 

「結城友奈は勇者である」は、Studio五組制作にTVアニメ。

略称は「ゆゆゆ」

2014年10月より秋アニメとして12月まで『アニメイズム』にて放送。

2017年10月より秋アニメとして第2期放送予定。

2014年に「タカヒロIVプロジェクト」の第4弾であり

および『勇者であるシリーズ』第2弾。

「タカヒロIVプロジェクト」とは!?

2014年に展開された、みなとそふとの代表であり、

ゲームクリエイターのタカヒロが手掛けた4大作品。

  • 第1弾「少女たちは荒野を目指す」
    展開:PCゲーム、テレビアニメ、漫画
  • 第2弾「アカメが斬る!」
    展開:テレビアニメ、漫画
  • 第3弾「鷲尾須美は勇者である」
    展開:イラストノベル、漫画、テレビアニメ
  • 第4弾「結城友奈は勇者である」
    展開:テレビアニメ、テレビゲーム、漫画

※第3弾、第4弾の2作品に合わせ、

イラストノベル「乃木若葉は勇者である」を連載。

「勇者であるシリーズ」とは!?

  • 第1弾「鷲尾須美は勇者である 」

略称は「わすゆ」

時系列は「結城友奈は勇者である」の2年前である、神世紀298年
主な登場人物は、鷲尾須美、乃木園子、三ノ輪銀の3人。

彼女達「先代勇者」に突き付けられる非情で残酷な運命を、

過酷なバーテックスとの戦闘や、大切な仲間との日常と共に描いた作品。

 

  • 第2弾「結城友奈は勇者である」

略称は「ゆゆゆ」

時系列は、新世紀300年。
主な登場人物は、結城友奈、東郷美森、犬吠埼風、犬吠埼樹、三好夏凜の5人。
「勇者」に選ばれ、

過酷なバーテックスとの戦闘や明かされる壮絶な真実によって

崩壊してゆく穏やかな日常と、

それでも前向きに生きようと努力する彼女達を描いた作品。

 

  • 第3弾「乃木若葉は勇者である 」

略称は「のわゆ」

時系列は「結城友奈は勇者である」の約300年前の西暦2018年以降
主な登場人物は、乃木若葉、高嶋友奈、郡千景、土居球子、伊予島杏と、

神樹に遣える巫女、上里ひなたの6人。
突如バーテックスが襲来し神世紀へと移り変わる激動の時代で、

彼女達「初代勇者」に襲いかかる壮絶な現実と、

仲間や自分との葛藤を鮮明に描いた作品。

 ストーリー

これは3人の勇者の物語。

神に選ばれた少女たちのおとぎ話。

いつだって、神に見初められるのは無垢な少女である。

そして多くの場合、その結末は___。

 

少女たちの物語は、完全新作の全3章で贈られる…

【第1章】『ともだち』

第1章「ともだち」

「結城友奈は勇者である」より2年前、神世紀298年。

鷲尾須美は小学校六年にして神樹によって選ばれた世界を守る勇者である。

同級生の乃木園子、三ノ輪銀と一緒に「お役目」をこなす事になるが、

この二人は天然だったり元気良すぎたりと問題児の雰囲気。

須美は精一杯、役目を頑張ろうとするが___。

【第2章】『たましい』

第2章「たましい」

結束が強化された鷲尾須美、乃木園子、三ノ輪銀の三名は

今日も勇者としてのお役目に励んでいる。

小学六年生 でありながらも彼女たちは、その重要な役割をきちんと こなしていた。

かけがえのない日常を大切にしながら。

そんな中、世界を滅ぼさんとする「敵」の進化した行動 により、

三人に危機が訪れる。

【第3章】『やくそく』


結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- <第3章>「やくそく」 予告編

激化する敵との戦いに備えて、進化していく勇者システム。

しかしそれは小学校六年生の少女たちが背負うには過酷なものだった。

それでも少女たちは懸命に、精一杯に、日常を過ごしている。

この先に待ち構えている運命が何であろうと、

彼女たちの間には永遠に変わらないものが芽生えていた。

スタッフ・キャスト情報

原作:Project 2H

企画原案:タカヒロ

総監督:岸誠二

監督:福岡大生

シリーズ構成:上江洲誠

脚本:上江洲誠/タカヒロ

キャラクターデザイン原案:BUNBUN

アニメーションキャラクターデザイン&総作画監督:酒井孝裕

コンセプトアート:D.K&JWWORKS

音楽:岡部啓一/MONACA

製作:Studio五組 

声優:三森すずこ、花澤香菜、花守ゆみり、佐藤利奈 

主題歌情報

OP:「サキワフハナ」三森すずこ

第1章ED:「ともだち」
CV:三森すずこ、CV:花澤香菜、CV:花守ゆみり

第2章ED:「たましい」
CV:花守ゆみり

第3章ED:「やくそく」
CV:三森すずこ、CV:花澤香菜

 キャラクター紹介

「鷲尾須美は勇者である 」

鷲尾 須美 CV.三森すずこ

鷲尾 須美 CV.三森すずこ

真面目で責任感があり、こうと決めたら曲げない性格。

護国思想の持ち主で、使命に燃えている。家庭的な一面もあり、

料理や和菓子作りは得意。武器は弓矢で、後方から仲間達を支援していく。

乃木 園子 CV.花澤香菜

乃木 園子 CV.花澤香菜

天然気質で、日常はふんわりほんわかしており、どこか頼りないが、

ここぞという時の発想力と、爆発力には定評があるお嬢様。

三人のリーダー。

武器は形状が変化できる槍で柔軟に器用に戦う。

 三ノ輪 銀 CV.花守ゆみり

三ノ輪 銀 CV.花守ゆみり

元気いっぱいの火の玉ガール。

運が悪く、しょっちゅうトラブルに出くわしているが、めげない。

産まれたての弟の世話が楽しいという家族の思い。

武器は攻撃力の高い二丁の斧で、前衛を務める。

 

「結城友奈は勇者である」

「結城友奈は勇者である」キャラクター紹介

※ネタバレ注意

ここからは「鷲尾須美の章-」を楽しむ為に、

「結城友奈は勇者である」TVシリーズの話を少し忘れてしまった方に向けて

キャラクター紹介します。

ネタバレが嫌な方はTOPにお戻り頂くか、高速で下までスクロールしてください。

結城 友奈 CV.照井春佳

結城 友奈 CV.照井春佳

毎日賑やかな中学生活を送る本作の主人公。

能天気だが、いかなる時も前向きで、イザという時に頼れるので、

皆から一目置かれている。

特技は親から教えてもらった武術。

変身後は髪が桃色に代わり、主に徒手空拳で戦う。

刻印の花は桜で、満開ゲージは桜の花びら。

満開時は、自身の身の丈をはるかに超える巨大な鋼の両腕を装備し、

より強力な打撃をくりだせる。
第5話にバーテックスとの戦闘の後に味覚を失う。

乃木園子曰く「最も勇者としての適性値が高い」とのことで、

「勇者システム」の真実を明かされる。

しかし「例え最初から事実を知っていても自分は勇者になっていた」

半ばその運命を受け入れた。
最終話でバーテックスを手引きした美森を説得するために満開し、

その後はバーテックスを止めようとするが、

途中で力尽きて散華の影響で両脚の自由を失う。

それでも再び満開することでバーテックスを止めることに成功する。

全てが終わった後は彼女だけ意識が戻らなくなるが後に回復した。

牛鬼、火車2体の精霊を持つ。

東郷 美森 CV.三森すずこ

東郷 美森 CV.三森すずこ

友奈の同級生で親友。良き理解者。

家も隣同士で、よく一緒に行動している。

上品でおっとりしているが、パソコンやお菓子作り、

その他諸々と多才で、濃ゆい一面を見せる事も。

最初は戦闘に恐怖を感じて変身できずにいたが、

友奈の危機により変身する決意をした。
変身後は青を基調とした勇者服を身にまとう。

変身後も両脚は不随だが、

勇者服の背面から伸びる触腕のような帯でで自律や移動が可能になる。

刻印の花は朝顔で、満開ゲージは朝顔の葉。
戦闘では短銃、散弾銃、狙撃銃の3種の銃を使い分ける。

5話の戦闘の後、新たに遠隔誘導攻撃端末が追加された。
満開時は和風の勇者服に変化し、多数の巨砲を擁した巨大浮遊砲台に搭乗する。
第5話にバーテックスとの戦闘終結後に左耳の聴覚を失う。

その後、邂逅した乃木園子に「勇者システム」の真実を突き付けられ、

大赦という存在に対し疑心暗鬼に陥る。

そして東郷 美森の本当の正体は『鷲尾須美は勇者である』の

主人公・鷲尾須美本人である。

当時はバーテックスとの戦いのために東郷家から鷲尾家へ養子に出されていた。

2年前の記憶は、満開の代償により一部の記憶と、両足の自由を奪われた。

親と大赦は、その事実を隠し全て交通事故のせいにして、

名前を「鷲尾須美」から「東郷美森」に変え、

勇者に戻す為に、わざと友奈の隣に引っ越しさせた。

自分の失われた過去と乃木園子との関係を推測し、

再び接触した彼女に促されて「世界の外」に赴く。

そこでバーテックスの正体を知って愕然とする。

そして、皆の「生き地獄」を終わらせるべく四国を囲む壁を破壊し、

神樹に侵攻するバーテックスを手引きしてしまう。

しかし友奈に説得されたことで自らの過ちに気付きバーテックスを止める。

全てが終わった後は、両脚の自由と左耳の聴覚を取り戻すと同時に

友奈の車イス生活をサポートし、その後も彼女への献身を見せた。

刑部狸、青坊主、不知火、川蛍、4体の精霊を持つ。

犬吠埼 風 CV.内山夕実

犬吠埼 風 CV.内山夕実

勇者部部長。

さばさばした性格で、人をぐいぐいと引っ張る魅力を持つ姉御肌。

妹の樹が可愛くて仕方がない。

家事万能であり、料理もうまい。そしてよく食べる。

時折、中二病めいた発言をもする。「女子力」という言葉を好んで使う。

2年前(神世紀298年)の「瀬戸大橋跡地の合戦」の際に両親と死別している。

変身後は髪が金髪に変化して黄色を基調とした勇者服を身にまとう。

伸縮自在の大剣を武器に戦う。

満開時は一回り大きくなった大剣を使用する。

刻印の花はオキザリスで、満開ゲージはオキザリスの花びら。
第5話におけるバーテックスとの戦闘終結後、左目の視覚を失う。

友奈の話から乃木園子のいう「勇者システム」の正体を知り、

始めは半信半疑で動揺する。

樹の夢を奪った散華の事実を秘匿し続ける大赦に憤怒し反乱を起こす。

それを夏凜と友奈に制止され全てを受け入れた樹に抱擁されたことで号泣し、

一時は戦意を喪失するが、孤軍奮闘する樹の姿に奮起して戦線へ復帰する。
全てが終わった後は、散華した機能を取り戻した。

犬神、鎌鼬、2体の精霊を持つ。

犬吠埼 樹 CV.黒沢ともよ

犬吠埼 樹 CV.黒沢ともよ

風の実の妹で、お姉ちゃん大好きっ子。

小動物のような挙動が多く、

姉の影に隠れがちだが勇者部唯一の1年生として日々頑張っている。

占いが趣味で、特にタロットは結構当たると評判。

歌が好きだが人前で歌うことを苦手としていたが、

勇者部メンバーのおかげで克服し歌手をめざすという密かな夢をもつ。

変身後は緑を基調とした勇者服を身にまとう。

刻印の花は鳴子百合で、満開ゲージは鳴子百合の花のシルエット。
満開時は、右手首の花環を巨大化させたものが背中に装備され、

多数のワイヤーを射出することが可能になる。
第5話におけるバーテックスとの戦闘終結後に声を出す発生機能を失った。

以後はスケッチブックで会話している
全てが終わった後は、発声機能を取り戻す。
木霊、雲外鏡2体の精霊を持つ。

三好 夏凜 CV.長妻樹里

三好 夏凜 CV.長妻樹里

大赦から派遣されてきた勇者。

正式な訓練を積んでおり、精霊も人型と特殊。

実力はあるがプライドが高く、負けず嫌いで人付き合いが苦手。

その反面、自身や身の周りのことには無頓着になる事も…

友奈や風に流された形で勇者部に入部。

友奈と共に雑用を担当し、嫌々ながらもまんざらでもない様子。
友奈たちを見下して尊大な態度をとるが、

勇者部のメンバーと接するうちに態度も徐々に変化していき、

やがて勇者部員として共にバーテックスと戦う意思を持つ。
暇さえあれば煮干しを食すため、風から「にぼっしー」というあだ名を付けられる。
変身後は赤を基調とした勇者服を身にまとう。

2本の刀を武器に戦う。

刻印の花はサツキで、満開ゲージはサツキの葉。
満開時は刀を持った4本の巨大な腕を装備し、

更に多角的な攻撃を行うことができる。
第11話においてバーテックスの大軍を殲滅するために4回もの満開を行い、

その結果右腕と右足の自由、両耳の聴覚、両目の視覚を失った。

最終話では再び参戦し、バーテックスの進行を勇者部と一丸となり防ぎ切った。
全てが終わった後は、徐々に散華した機能を取り戻した。
義輝、1体の精霊を持つ。

乃木 園子 CV.花澤香菜

乃木 園子 CV.花澤香菜

先代勇者の少女であり、

その正体は『鷲尾須美は勇者である』の登場人物の1人。

過去の戦いの「満開」による散華の影響で身体の機能の多くを犠牲にした。

本人曰く半分神様という状態であり、大赦からは生き神として崇められている。

鷲尾須美(東郷美森)を「わっしー」と呼ぶ。
大赦の監視をかいくぐって友奈と美森を大橋のもとへ召喚して、

現役の勇者である友奈たちに「勇者システム」の真実を明かしている。

「満開」の回数は20回にも及ぶ。

本人によると現在も現役の勇者が暴走したときの「ストッパー」という役を

担っており、謙遜しながらも「最強の勇者」を自負している。

しかし大赦の行動を理解しながらも時には反抗し、

「知らずにいるのは哀しい」からと大胆な行動に出ることもある
12話では回復しつつある乃木園子の姿があった。

合計、21体の精霊を持つ。

 

1期のダイジェスト+映画予告見れます↓↓


映画『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第1章』ダイジェスト+予告編

 

まとめ

結城友奈は勇者である

さてさて今まで振り返ってきましたが、

もう書いてる自分が一番、色々なシーンを思い出し、1人で感動してましたww

と共に「満開」の強さ、恐ろしさに怯えてました。

自分だったら満開使えないかも…って、少女限定だから無理なんだけどねww

日常シーンがとても好きなだけあって戦闘シーンや、

その後に凄い感情移入しちゃうのがこの作品の魅力なんですよね~

11話での夏凜が何回も「満開」するシーンは、ホントに泣きそうでした。

後は樹の歌の所でお姉ちゃんの風先輩のあのシーンは、

もう感動というか心が痛かったです。

正直最終回はハッピーエンドで終わりましたが、

どっちに転んでもおかしくはなかったと思いました。

私的には、ハッピーエンドで終わってくれた方が、

精神的にも後味が良いのでこっちの方が好きですが、

今までの東郷さんや乃木園子の結果みたいにリアルに突き詰めたら

バッドエンドがあってもおかしくはなかったと今でも思っています。

何よりあの流れでバッドエンドで終わってたら悲しすぎる…

もう大赦にブ千切れて、樹、いつきぃぃぃい~って

なってましたねww

まぁハッピーエンドで終わったからこそ、

この劇場化と2期製作決定に繋がったのも少なからずあるのかな....

 鷲尾須美の章は瀬戸大橋の戦いなので、まぁ悲しい結果になることは

免れないとは思いますが。泣

後ノベル版のイラストレーターBUNBUNさんの絵が個人的に好きすぎて、、

と言いますと私の好きなイラストレーターabec先生(SAO原作など)の

絵に凄い似てるんですよね♪

ていうか最初の一瞬絵を見た時abec先生が書いたのかと思いました。

(すいません、私が絵とかあまり詳しくなくて同じに見えちゃいました)

何か関係してるのかなぁと思い調べてみたのですが、分かりませんでしたww

 

そして今回は「結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-」を楽しむ為に、

ある程度ネタバレして書きましたが、

TVアニメ観てない方も興味が沸けば1度観て頂き、

是非劇場に行ってもらうなり、

まぁ個人の自由なのでDVDで楽しむのもありだとは思いますが

2017年10月の2期までに楽しんでもらえればと思います。

今回はここまで、、

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連情報・商品

TVアニメ「結城友奈は勇者である‐鷲尾須美の章‐勇者の章‐(第2期)」2017年10月放送~ - アニメネットコム

PS Vita用 結城友奈は勇者である 樹海の記憶 限定版を開封します。 - アニメネットコム