アニメネットコム

基本的にアニメに 嫌いなジャンルはないです。 色々な作品紹介できたらと思います 主に新番組アニメ情報更新してます。 過去のアニメも稀に特集してます。 更新通知はTwitterフォローしてください。ご連絡はTwitterのDMでお願いします。

アリスと蔵六 2017年 春アニメ

「アリスと蔵六」は原作者・今井哲也さんが「月刊COMICリュウ」で

連載中のマンガであり、2017年春アニメとしてTVアニメ化が決定した!!

 

2013年には第17回「文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞」を受賞するなど

超能力であらゆる想像を具現化することができる「少女・紗名」と、

紗名が研究所から脱走した先で出会う「頑固オヤジ・樫村蔵六」との

出会いが紗名の運命を大きく変えていく物語が人気を集めている。

 

アリスと蔵六

アリスと蔵六

ストーリー

彼女はそれまで“外の世界”を知らなかった。
初めて触れるモノ、初めて見る風景、そして初めて出会う人々……。
そんな“世界”の広がりに、戸惑い、驚き、目を見開く。

名前は紗名
“研究所”と呼ばれる施設で、“外の世界”を知らずに生まれ育った少女。
しかも、あらゆる想像を具現化する——「アリスの夢」と呼ばれる特殊な能力の
持ち主でもあった。

そして初めての“外”で、彼女はひとりの老人と出会う。
名前は樫村蔵六

「曲がったことが大嫌い」で「悪いことは悪い」という頑固じいさん。
そんな蔵六との出会いが、紗名の運命を大きく変えていく。

紗名を追う謎の組織、次々と現れる能力者たち、

そして心優しい人々との出会い……。
世間知らずだった“アリス”は、鏡の門(ルッキング・グラス)を抜けて、
世界の本当の姿を知ることになる。


——そう、これは、私がまだ、

自由に夢の国へ行けた頃の話。


TVアニメ『アリスと蔵六』PV・第1弾

スタッフ・キャスト情報

原作:今井哲也(徳間書店「月刊COMICリュウ」連載)

監督:桜美かつし

シリーズ構成:髙山文彦

キャラクターデザイン:岩倉和憲

音響監督:岩浪美和

製作:J.C.STAFF

声優:大和田仁美、大塚明夫、豊崎愛生、藤原夏海、鬼頭明里、小清水亜美、大塚芳忠、広瀬ゆうき、能登麻美子、松風雅也、内田秀 

主題歌情報

OP:ORESAMA「ワンダードライブ」

ED:toi toy toi (kotringo edition)「Chant」

放送情報

※初回は60分放送です。

  • TOKYO MX :4月2日より毎週日曜 22:30~
  • KBS京都 :4月2日より毎週日曜 23:00~
  • サンテレビ :4月2日より毎週日曜 24:30~
  • BS11 :4月4日より毎週火曜 24:00~
  • AT-X :4月7日より毎週金曜 22:00~

配信情報

  • <無料ライブ配信>
    AbemaTV「新作TVアニメチャンネル」
    4月8日より毎週土曜
  • <見放題>
    バンダイチャンネル、dアニメストア
    4月5日より毎週水曜12:00~
    ※配信日時・期間は各サービスにより異なります。
    詳細は各配信サービスにてご確認ください。
  • <都度課金>
    バンダイチャンネルほか
    4月5日より毎週水曜12:00~
    ※第1話は期間限定無料配信
    ※配信日時は予告なく変更になることがございます。

原作者・今井哲也先生からコメント

すごく個人的な話ですが、僕はむかし絵本が大好きな子供でした。
加えて今ではマンガも大好きで、あとアニメが大好きです。
『アリスと蔵六』は、誰にも見せずにコッソリ描いていた何十ページかの

マンガのネームからスタートしました。
そこにあったのは

「こんな人とこんな人がバッタリ出会ったらどうなるだろう」という、
ほんのちょっとした想像のお話です。
それから、「アニメやマンガや絵本みたいな、不思議な光景が突然現実に現れたら、
この人たちは一体どうするだろう」というような。

それが巡り巡って、このたびなんとTVアニメになることになりました。

びっくりです。
たくさんのすごい人達が集まって、これがアニメになったらどうなるだろうか、
あーでもないこーでもないと知恵と技を振り絞って想像してくれています。

すごいことです。
きっとすごいアニメになりますので楽しみにしていてください。

僕も楽しみです。
ぜひぜひよろしくおねがいします。

原作試し読みできます

「アリスと蔵六」の試し読みがしたい方はこちらのサイトからどうぞ

www.comic-ryu.jp

なお原作では、1・2巻(紗名と蔵六の出会いの話)第1部、

3・4・5巻(紗名に仲良しの友達ができ、学校に通うまでの話)を第2部、

6巻以降(明確な敵意を持った赤の王が登場する話)は第3部となっております。