アニメネットコム

基本的にアニメに 嫌いなジャンルはないです。 色々な作品紹介できたらと思います 主に新番組アニメ情報更新してます。 過去のアニメも稀に特集してます。 更新通知はTwitterフォローしてください。ご連絡はTwitterのDMでお願いします。

ボールルームへようこそ 2017年夏アニメ

ボールルームへようこそは、

原作者・竹内友先生による漫画を原作としたTVアニメ。

「月刊少年マガジン/講談社」にて連載。

社交ダンス・競技ダンスをが題材したお話となっている。

原作では多くのファンが虜になっており、アニメ化も期待されていた中、

2017年夏7月から放送することが決定した!!

 

多々良の成長を圧倒的な「熱量」で描く、

唯一無二の青春ダンスアニメ、ここに開演!!

 

 

ボールルームへようこそ

ボールルームへようこそ

ストーリー

何をすればよいか分からない平凡な中学生・富士田多々良は、

ある出来事をきっかけに社交ダンスの魅力に引き込まれていく。

「何か一つでいい、好きだと言えるものがあれば」

今の自分から変わるため、

多々良は社交ダンスの世界へ飛び込む。


TVアニメ「ボールルームへようこそ」 第5弾PV

スタッフ・キャスト情報

原作: 「ボールルームへようこそ」竹内友(「月刊少年マガジン/講談社」連載)

監督:板津匡覧

シリーズ構成・脚本:末満健一

キャラクターデザイン:岸田隆宏 

総作画監督:千葉崇洋 / 本田真之

アクション作画監督:向田 隆 / 梁 博雅

プロップデザイン:小林 祐

キーアニメーター:竹中真吾 

美術設定・美術監督:立田一郎

色彩設計:佐藤真由美

撮影監督:田中宏侍

CG監督:伊東巧右平

編集:植松淳一

音響監督:菊田浩巳

音楽:林ゆうき

アニメーション制作:Production I.G

声優:土屋神葉、佐倉綾音、岡本信彦、森川智之、富田健太郎、諸星すみれ、森川智之、能登麻美子

主題歌情報

OP:「10% roll, 10% romance」UNISON SQUARE GARDEN

ED:「Maybe the next waltz」小松未可子

放送情報・配信情報

放送情報

毎日放送:2017年7月8日(土)26:08~

TOKYO MX:2017年7月9日(日)23:30~

BS11:2017年7月9日(日)25:00~

群馬テレビ:2017年7月9日(日)25:30~

配信情報

Amazonプライム・ビデオ

キャストコメント

土屋神葉(富士田多々良役)

この作品を読むたびに、僕はあまりの熱量に圧倒されます。

迫り来る画のパワー、胸に染み込む言葉たち、

多々良の成長から伝わる高揚感。

この熱量を伝えるためには、自分の全てを注ぐことはもちろん、

多々良の成長に負けてはならない、

食いついていかなければならないと痛感しています。

未熟者ですが、多々良として懸命に悩み、喜び、躍り、

生きていきたいと思います。 よろしくお願い致します。

岡本信彦(兵藤清春役)

兵藤清春役をやらせていただくことになりました岡本信彦です。

彼がどうして天才なのか何故天才と言われるのかを

感じながら頑張りたいです。

会話が面白い作品でもあるので今から現場が楽しみです。

あとこれを機にダンスができるようになればいいなとも思います。

佐倉綾音(花岡雫役)

このたび花岡雫の声を担当いたします、佐倉綾音です。

アフレコに際して実際に競技ダンスに触れたところ、

雫の実力・魅力・才能が規格外のものだということを改めて実感し、

原作でも凄まじい躍動感をみせるダンスシーンは、

確実にアニメーションでも映えると確信しました。‬

私たち声優陣も、

声のお芝居で皆さまの感情を揺さぶる一端を担えたらと思います。‬ ‪

競技ダンスに魅入られた少年少女たちが青春を賭して一喜一憂し、

成長する姿を、アニメーションでも是非お楽しみください!

富田健太郎(赤城賀寿役)

赤城賀寿役を演じさせていただきます富田健太郎です。

自分自身、原作を何回も読み直してしまうほどのファンです。

パワフルで熱い性格。

上州弁が更に力強さに拍車をかける。

そんな賀寿を演じることが出来てとても嬉しいです。

賀寿のような人は日常生活ではなかなか居ないと思います。

言い出しづらい一言、

伝えづらい言葉をストレートにぶつけることが出来る人は素敵です。

賀寿のパワーに負けないぐらい精一杯ぶつかって演じたいと

思っていますので何卒よろしくお願いします。

森川智之 (仙石要役)

私の役は、

主人公の富士田多々良をダンスの世界に導くプロダンサーの仙石要です。

どれだけダンスの世界が素晴らしく魅力的なのかを

声で表現しなくてはならないので、とても責任を感じています。

この作品を通して、

胸を張ってボールルームへようこそと言える役作りをしていきたいと思います。

いやあ、今からラテンの血が騒ぎます(笑)。

どうぞおたのしみに!

関連情報・商品

TVアニメ「ボールルームへようこそ」公式サイト

原作試し読みできます↓↓

ボールルームへようこそ|月刊少年マガジン|講談社コミックプラス