アニメネットコム

その辺にいるただのアニメ大好き人間です。 メシよりアニメの方が好きなタイプのやつです。生き方をアニメや漫画に教えてもらったどこにでもいる奴です。 全てアニメに関わる記事書いてます。 更新通知、ご連絡などTwitterをフォローしてください。 ※最近多いので一応。当サイトの記事を丸パクリ・転載は禁止です。 よろしくお願い致します。

Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 全25話 シナリオあらすじまとめ

スポンサーリンク

どうもです。

今回はFate/stay night [Unlimited Blade Works] のあらすじを個人的な趣味でまとめます。

UBWもまぁ面白いです。凛ルートは私も本当に好きです。

よく他のサイトでもUBWから見ても大丈夫って言ってる人多いのですが、私個人としてはやはり2006から見て欲しい。別にUBWから入ってもいいんだけど、

やっぱりFateは、特にstay nightはアルトリア(神)無しでは始まらないと思っています。

 

まずそこで本当のきのこ節を味わって欲しい、原作でも絶対に通る1つ目のルートでもあります。TYPE‐MOONがこのセイバールートを何故1つ目に置くのか、その大事さが分かればもうFate作品全部にハマれる素質がありますよあなたは…

 

特にUBWはセイバー√知らないといまいち分からないようなシーンもあります。

もちろんHFに至ってはセイバー・凛√を知っているのが前提で物語が進んで行きますので。

 

なのでUBWを見て・プレイして、HFまで見て・プレイしてようやくステイナイトは完結すると思っています。時間がない方もいると思います、しかしこの作品は絶対に時間がかかるであろう膨大なシナリオです。時間をかけて見る必要、価値があります。

きっとそれを乗り越えた先には今までに味わった事のない深い世界へTYPE‐MOONが連れていってくれるはず…

www.animenetcom.com

 

それではFate/stay night[Unlimited Blade Works]のあらすじいきましょう~

※まだ観てない方も、もう観られた方もみれる内容となっております。
知ってる方は懐かしんでもらえればと、
知らない人も興味があればぜひご覧いただければと思います。

 

 

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]

スタッフ・キャスト・主題歌情報

原作:奈須きのこ/TYPE-MOON

キャラクター原案:武内崇

監督:三浦貴博

キャラクターデザイン:須藤友徳/田畑壽之/碇谷敦

色彩設計:千葉絵美/松岡美佳

美術監督:衛藤功二

撮影監督:寺尾優一

3D監督:宍戸幸次郎

音楽:深澤秀行

アニメーション制作:ufotable 

声優:杉山紀彰、植田佳奈、川澄綾子、諏訪部順一、下屋則子、門脇舞以、てらそままさき、神奈延年、田中敦子、三木眞一郎、浅川悠、伊藤美紀、神谷浩史、真殿光昭、中田譲治、小山力也、関智一 

OP「ideal white」綾野ましろ、「Brave Shine」 Aimer

ED「believe」「ring your bell」Kalafina

挿入曲「THIS ILLUSION」LiSA、「LAST STARDUST」Aimer

ストーリーあらすじ

舞台は海と山に囲まれた都市・冬木市。そこで行われる、ある一つの儀式。

手にした者の願いを叶えるという聖杯を実現させる為、聖杯に選ばれた七人の魔術師に、聖杯が選んだ七騎の使い魔を与える。

 

騎士 "セイバー"、槍兵 "ランサー"、弓兵 "アーチャー"、騎兵 "ライダー"、魔術師 "キャスター"、暗殺者 "アサシン"、狂戦士 "バーサーカー"、マスターは七つの役割を被った使い魔一人と契約し、七組は、聖杯を求め、最後の一組となるまで殺し合いを繰り広げる。その名は「聖杯戦争」。

 

2014年 秋、開戦 ――。 『Unlimited Blade Works』遠坂凛をヒロインとするシナリオ。 魔術師の名門で 遠坂家に育った凛は、亡き父への想いと共にアーチャーのサーヴァントを召喚し、聖杯戦争に参加する。

しかしその矢先、彼女は同じ高校に通う衛宮士郎が戦いに巻き込まれたことに気づき、思いがけず瀕死の彼を助けてしまう。やがて彼女は、セイバーのサーヴァントを召喚した士郎と共に、聖杯戦争に仕組まれた大きな陰謀を打ち砕くべく戦うことにする。

そして物語は、そんな士郎の魔術に秘められた謎と、頑なに「正義の味方」を目指そうとする彼の性質の真贋を問うものへと発展していく。

第0話「プロローグ」 

第0話「プロローグ」

冬木の地で行われた聖杯戦争から10年……

再び、『聖杯』の力を追い求める、七人の魔術師と七人の英霊の争いが始まろうとしていた。代々続く、魔術師の家系に育った遠坂凛もまた、父・遠坂時臣が参加した争いに、身を投じようとしていた。

最強の英霊、セイバーの召喚を試みる凛だったが、彼女の眼の前に現れたのは、自らの名も知らぬ英霊だった。

第1話「冬の日、運命の夜」

第1話「冬の日、運命の夜」

冬木で起きた大火災から10年。

衛宮切嗣により命を救われた衛宮士郎。士郎は平和な日常生活を過ごしていた。

そんなある日の放課後、士郎は英霊同士の戦いを目撃してしまう。

目撃された事に気付いたランサーは、マスターの命令により、士郎を始末する。

なんとか遠坂凛により息を吹き返した士郎だったが、その夜、再びランサーに襲われる。

もう2度目は無い。ランサーの攻撃を耐え凌ぐ士郎の目の前に…

第2話「開幕の刻」

第2話「開幕の刻」

ランサーの襲撃後、士郎の前に現れたセイバーという謎の美少女やいきなりの事についていけない士郎。

凛は士郎と聖堂教会へ向かう。

そこで監督役の言峰綺礼という通称エセ神父に出会う。

10年前の火災から聖杯戦争とは一体何なのかについて説明を一通り受けた士郎。

全てを聞かされた士郎が選ぶ道とは?

第3話「初戦」

第3話「初戦」

聖堂教会を後にした凛と士郎の前に、

イリヤスフィールと名乗る謎の少女が立ちふさがる。

イリヤの指示で襲いかかるバーサーカーの圧倒的な程の力の前に、苦戦を強いられるセイバー。セイバーは士郎を遠ざける為ある行動に出る。

セイバーと凛、アーチャーが戦うで、士郎は自分の無力さを痛感する…

第4話「戦意の在処(ありか)」

第4話「戦意の在処(ありか)」

奮戦の末イリヤとバーサーカーは一旦身を引く。

翌日は学校も無く休日の士郎は藤村ことタイガーにお弁当を作ってくるように呼び出される。霊体化できないセイバーを誤魔化そうとする士郎だったが、セイバーは勝ってに校舎を探索しはじめる…。

そして大河と桜が突然士郎の家に泊まり込むことに……

一方その頃、凛はガス漏れ事件の現場を訪れていた。

そこで凛とアーチャーは魔力の残滓からサーヴァントの仕業である事を予測する。

第5話「放課後に踊る」

第5話「放課後に踊る」

サーヴァント連れず単独で学校に登校する士郎の危機感の無さに凛は怒り、放課後に人気のない場所を見計らい士郎を襲撃する。

士郎を容赦なく追いつめる凛だったが、突如校内から女子生徒の悲鳴を耳にする。

そこには意識を失った女子高生が倒れており…

第6話「蜃気楼」

第6話「蜃気楼」

学内に潜む3人目のマスターへの対策のため、休戦協定を結んだ凛と士郎。

もう既に校内には結界が張られているとの事。

そして士郎の前に慎二が現れ自分の正体を明かし、士郎に協力を煽るが。

その日の夜セイバーに凛との休戦協定の事を話し、土蔵で魔術の訓練をしていた士郎はいつものうたた寝をしてしまい、起きたその場所はなんと柳洞寺だった!?

第7話「死闘の報酬(こたえ)」

第7話「死闘の報酬(こたえ)」

キャスターに攫われた士郎を救出する為、柳洞寺にやってきたセイバーの前に立ちふさがるアサシン。

士郎の前に現れたのは協力関係にある凛のサーヴァント・アーチャーだった。

アサシンのクラスとは思えないその剣技に、セイバーは攻め切れずにいた。

キャスターを追いやった士郎はアーチャーと対話する事によって反感を覚える。

そしてアーチャーは思いもよらぬ行動をとる。

第8話「冬の日、心の所在」

第8話「冬の日、心の所在」

士郎は憎きアーチャーの剣技を真似ながらセイバーとの稽古に挑む。

学校に登校した昼休み。

学園一の美少女遠坂凛に屋上で一緒にお昼を食べようと誘われクラスから注目される。そこで共闘を改めて確認した士郎だったが、その時、学校に敷設されていた魔法陣が発動する。

前回の失敗はしないと誓った士郎は令呪を使用し即セイバーを呼び出しす。

士郎は凛とともに慎二の所に向かうが…

第9話「二人の距離」

第9話「二人の距離」

慎二をキャスターから守る為に脱落したライダー。

キャスターのマスターが学校内にいると判断した凛は士郎の友人であり、柳洞寺に住む一成を疑う。

そこで士郎は一成がマスターであるのか確認する事に…

「一成、何も聞かずに裸になってくれ!」

その一方でライダーを失った慎二は教会の保護を求めて、綺礼の元へ向かう。

そこで綺礼は慎二にある事を提案する…

第10話「五人目の契約者」

第10話「五人目の契約者」

葛木がキャスターのマスターの可能性か高まった凛は士郎とともに、その夜に襲撃して確認する事に。

凛の不意打ちに無抵抗だった葛木を見て、駆け寄ろうとする士郎だが、そこへキャスターが現れる。

キャスターのマスターが葛木だと確定した士郎はキャスターの非道を説き、説得しようとする。しかし葛木はキャスターの行いに対し悪気を感じない所かセイバーと対抗する武術を披露する。

追い詰められ、絶対絶命の士郎はそこで…

第11話「来訪者は軽やかに」

第10話「五人目の契約者」

葛木とキャスターをどうにか退けた士郎たち。

しかし士郎は、無理に魔術を行使したために、左半身の感覚を失っていた。

その翌日定時連絡を怠ったという理由で、士郎の自宅を訪れた凛。

大河を言い負かしなぜか晩御飯を一緒に食べそのまま泊っていくことになる。

凛と士郎はお互いの事を話し合う夜。

そして士郎の様子を見にきたアーチャーは、その症状に覚えがあり、ついで士郎の理想にある助言を残す。

第12話「最後の選択」

第12話「最後の選択」

凛が泊った翌日、凛の提案でデートに出かける士郎とセイバー。

戦いを忘れ、息抜きをする3人だった。

しかしその帰り、キャスターによる襲撃を受ける。

大河を人質にとったキャスターは抵抗できない士郎に、自分の仲間になるように迫るも士郎は従わない。

その様子に激昂したキャスターに令呪とセイバーを奪われてしまう。

士郎はマスターではなくなり、凛はある決意を固める。

※ここまでが第1期になります。

 

第13話「決別の刻」

第13話「決別の刻」

セイバーを奪われた士郎。

自分の想う正義を信じて再び戦う決意をする。

一方、凛はアーチャーと教会に向かいキャスターと葛木に正面から戦いを挑む。

しかし思わぬ展開により一気に窮地に陥ってしまう。

第14話「コルキスの王女」

第14話「コルキスの王女」

キャスターは、かつて自分を召喚したマスターとの過去の記憶を辿っていた。

魔女と蔑まれ、裏切られたキャスターは自ら契約を切り、マスターを殺害することで彼の元を逃れたのだった。

一方で凛と士郎はアインツベルン城に向かう事を決意する。

イリヤは2人を迎えようとするがその前に金髪の青年がやってきて…

第15話「神話の対決」

第15話「神話の対決」

ついにギルガメッシュVSバーサーカーとの激戦が開幕!

イリヤを庇いながら戦うバーサーカーはギルガメッシュの圧倒的な宝具の前に、劣勢を強いられていく。

そんな中イリヤとバーサーカーとの出会いの過去が今明かされる…。

第16話「冬の日、願いの形」

第16話「冬の日、願いの形」

目の前でイリヤが殺され怒りに身を任せ凛の制止を振り切り飛び出した士郎。

ギルガメッシュは士郎を殺そうとするが、凛を見てその場を立ち去る。

士郎の歪で自己犠牲的な生き方を否定していた凛だったが、改めてその想いを聞き受け入れる。

そんな時ランサーが2人の目の前に現れある提案をする。

第17話「暗剣、牙を剥く」

第17話「暗剣、牙を剥く」

凛と士郎はランサーと手を組む事になる。

アーチャーとランサーの激闘が始まる中、ランサーは必殺の宝具・ゲイボルグを放つ。それにアーチャーは自身の持ちうる最強の盾・ローアイアスで応戦する。

一方、士郎と凛はキャスターとの決着をつけるべく再び戦いを挑む。

埋まらぬ実力差で窮地に陥るが、凛はとある奇策を隠していた。

そしてアーチャーは思いもよらぬ行動を起こす。

第18話「その緑は始まりに」

第18話「その緑は始まりに」

アーチャーのキャスター裏切りにより形成逆転かと思いきや、

再び士郎を殺さんと襲いかかるアーチャー。

アーチャーの真の願望は士郎を殺すこと!?

マスターとの契約が無くなったセイバーは魔力切れ、その時凛は契約の詠唱を紡ぐ……

第19話「理想の末路(こたえ)」

第19話「理想の末路(こたえ)」

遂に明かされるアーチャーの真の正体。

英霊は現在と過去関係なくそしてまだ見ぬ未来までと、平等にあらゆる時代から呼び出される。

衛宮士郎は己の理想の果て、その想いを信じ貫き通した答えである「正義の味方」と相対する。

その一方で言峰綺礼もまた動き出し…

第20話「Unlimited Blade Works. 」

第20話「Unlimited Blade Works. 」

「I am the bone of my sword.」

ぶつかり合う2人。対立、対話は続く。

士郎はその現実を前にして何を思うのか…

そしてアーチャーは最期に無数に剣が突き刺さる無限の剣製・固有結果に士郎を誘う。一方で聖杯の器として凛を利用しようとする綺礼と、

自らのものとしたい慎二が凛に迫る。

第21話「answer」

第21話「answer」

絶望を消し去る為に戦うアーチャー。信念を貫く為に戦う士郎。

セイバーは己自身と戦うアーチャーと士郎を見守る…

自分よりも他人が大切という事が偽善とわかっていても、それが決して間違いなどではないと信じて―。

そしてギルガメッシュは聖杯とは一体何なんのかを告げる。

第22話「冬の日、遠い家路」

第22話「冬の日、遠い家路」

ギルガメッシュによってついに明かされた聖杯戦争の真の目的。

士郎たちは、今回の祭壇である柳洞寺での戦いに向けて策を練る。

ギルガメッシュの宝具がセイバーとは相性が良くないと話す士郎に対し、

凛が導き出した対抗手段とは士郎が服を脱ぐこと?私も脱ぐから!?

第23話「顕現」

第23話「顕現」

顕現した聖杯のもとへ辿り着いた士郎と凛の前に立ちはだかるギルガメッシュ。

聖杯にのまれた慎二を助けようとする凛。

時を同じくして、セイバーは山門で待ち構えていたアサシンと対峙する。

それぞれの思い、聖杯戦争は終結を迎えようとしていた…

第24話「無限の剣製 」

第24話「無限の剣製 」

「体は剣で出来ている」

士郎のことを「偽者(フェイカー)」と否定するギルガメッシュ。

士郎はそんな己すらも受け入れており、理想を張り続ける意志は固まり、その心を形にする言葉を紡ぐ。そして告げる覚悟の詠唱…

凛は決死の思いで慎二を聖杯から引きづり下ろす。

セイバーもまた聖剣を振るう時がくる。

そして全ての物語がここに決着する!

第25話「エピローグ 」

第25話「エピローグ 」

聖杯戦争から2年…
凛の未来。行き着く物語。そして士郎は…

 

まとめ

以上になります。

久しぶりに私自身も見返しました。また久しぶりに全話見直すと見えてくるものが全然違うんだなぁと思いました。stay nightは本当に深いですね。セイバー√を知ってるとまた見え方も変わりますし、HFを知ってるとまた変わってきます。さらにZeroなんか知ってると楽しめますね♪

 

極論言うとFateシリーズ色々知っているとサーヴァントやマスターの背景や設定などがより分かり全作品違った見方出来てより面白くなります。

 

このUBW(凛√)は士郎とアーチャーの心の在り方が非常に大事な√です。その辺に注目しながらまた見直してもらうのもいいかもしれませんね。

 

原作をプレイするともっと細かく心の背景などアニメ版では気付けなかった事がかなり分かると思うのでそちらもオススメします。

また今回は劇場版Heaven's Feelが始まる前に懐かしんだり復習になれば幸いです。

英霊エミヤ

関連情報・商品

Fateシリーズ(TYPE‐MOON) カテゴリーの記事一覧 - アニメネットコム

Fate/stay night 2006 1話~24話 あらすじまとめ - アニメネットコム